ほんと何にもできない

誰も信じちゃくれない

体は動かないのに

でもなんか怒られてる


腹は関係なく減る

珈琲と煙草を呑む

わかりきった顔をする

子供みたいに


ほら空を見てセンチなフリをして

人形みたいに生きてる

人間みたいに死んでる

君は今どこで何してる

たまには声でも聞かせてくれよ

お願いだから

夢は空っぽで暮らしてる

ゴミはたっぷりで暮らしてる

人に恋い焦がれ暮らしてる

それでもいいのかい


やりたいことがない

だから何にもしたくない

夜になるまで家出ない

人に会いたくないから


全てはわからないけど

きっと決まっているんだ

生まれたその時から

今この時も


またやり直せるだなんて思ってる

視線合わせてみようかな

言葉交わしてみようかな

結局後悔するってわかっちゃいるけど

鮮やかな幻のような

思わず呼吸が止まった

そしたら涙が溢れた

心が歪んで砕けた

それでもいいの


もう放り出したい全て投げ出したい

気を使いすぎて痩せちまったから

指図されないところへ

侵害されないところへ

消えてしまいたいのさ


腹は関係なく減る

珈琲と煙草を呑む

わかりきった顔をする

子供みたいに


ほら空を見てセンチなフリをして

人形みたいに生きてる

人間みたいに死んでる

君は今どこで何してるたまには声でも...

お願いだから

夢は空っぽで暮らしてる

ゴミはたっぷりで暮らしてる

人に恋い焦がれ暮らしてる

それでもいいのかい