そっと風が吹くだけで音を立てて揺れる吊り橋

僕は渡るべきかどうかまた迷っている


向こうには君がいること本当は知っているのだけれど

ギシギシと聞こえるたびに足が竦んじゃう


昨日も会ったはずなのにまた君に会いたいよ

揺れているのは吊り橋か

それとも僕の心かも


木々達が騒めいたら騒つく心を急かすんだ

川がサラサラと笑って夕日が見守っている


何回キスをしてみても何時だって君が遠いよ

吊り橋なんか使わない鳥達が羨ましいな


そっと風が吹くだけで音を立てて揺れる吊り橋

僕はまだ立ち止まってる

星を眺めながら

君を愛している

吊り橋が揺れてる