明日になれば終わる

全ての言葉と互いの気持ちを

持ち寄ってドブへ捨てる


このまま横になってとりあえず眠ろう

草臥れた体をこの世界に馴染むように


彼女の言葉は「もういいや」

僕らの言葉は「終わった」

そしたら何かが破裂した


留まるあの匂い

血が噴き出す毛穴から

コンビニで何も買えない

狂っている何もかも


貰った薬はもう飲んだ

眠りにつく時こう言った

「二度と起きたくないわ」


地図に無い道を並んで歩けたらいいのに

裏切りや嘘もそこでは意味を持たないだろう


昨日の夕食思い出せない


夕食なんかは食べてない

ていうか何時から食べてない

ていうか何時から死んでんの


彼女の言葉は「もういいや」

僕らの言葉は「終わった」

そしたら何かが破裂して

彼女の言葉は「もういいや」

僕らの言葉は「終わった」

そしたら何かが破裂した