そういうトコに出しちゃえばいいんじゃないの?

いつだって「大丈夫」君は云う

申し訳ある低脳 責任は取らねいど

生一丁、ロック二丁、誤射髑髏


空想に似た真理 腐敗していく思考

創造は或る種の排泄だ

言わんちゅーすることはわからんでもないけど

流れ出たものでも愛してよ


ガキにゃ云うてもわからんが 正義が破れることもある

口を出す前に金を出せ さすれば汝も許される

〜は身ふ想のもに故ふ想を世くな気味しめ恨も人し愛も人〜

骨を埋める場所をお探しですか

枯骨を箸渡しで


そりゃ宰領かい?饐えた憂いかい?なら荼毘に伏せるのは傲慢かい?

偉そうなアンタは何様だい?

演題:鏡面映し


ただあるがままに生きたいと 強く、強く君は願う

夢の抜け殻だけ抱き締めて

まだ俺たちはもがいてる、掴みとる、道化師を演じて


倫理なき浮世 涙も商売に

盤など今日買うものか

口唇開けば他人の粗探し

投じようにも入れたい箱が無い


SNSなら吠えまくる 面を拝めば黙り込む

車に乗りゃ気がでかくなる 誰だ、誰だ、彼奴等一体誰なんだ?

〜に間しせめ眺るふに世身が我にら徒なりけにり虚は色の花〜 

産声の在り処をお探しですか

汚れたその両手で


繰り返されて行く禅問答 答えは探せど霧の中

混沌の海を行け我武者羅に まだ行けるハズだろう


ただ大丈夫かと問いかける 痩せた老人「金の亡者」

握り締めたものは心の臓 打ち立てた金字塔、それ故の、孤独の代償


見えている景色の残像とやがて訪れる白昼夢

金を動かせねえ夢になどもう用はねえ、端金、去るMONEY


ただあるがままに生きたいと所詮君も「金の亡者」

ほら道は続いているだろう

なあ聞こえるか 真実に耳を貸せ

「お前はいくらだ?」