何だか全ての事が酷く滑稽に思えてくる

少しだけ雪の舞う夜に恋人でもない女と

さもお似合いですねとでも言わんばかりの距離感で

男は地下鉄に乗り込むのであった


その時、ふと違う男のことを思い出した

男は結婚していて妻がいて犬を一匹飼っている

二人は似ているような

しかし冷静に見ると全く似ていない存在なのではあるが


無くしたものは数え切れないほどで

探しているものは必ず見つかりはしない


居心地の悪さバツの悪さとでもいうのか

四肢を眺めながら『あぁ』とか『はい』しか言えないロボットへと

肉体を昇華させてはみたものの

いざ店を出ると家へ誘うことなどできるわけもない


今宵命の在処を知りたいと願っては

欠けた夜 朧月

欲望に塗れたまま


無くしたものは数え切れないほどで

探してるものは必ず見つかりはしない

君の隠している秘密